お得なアイテム、グッズの紹介☆旅行、アウトドア、結婚、お茶、スポーツ
お得で使い勝手のよい各種用品の紹介。 結婚、旅行、葬儀に関するサイトの新着情報の紹介。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
精進落としの宴
本来「精進落とし」は四十九日が終了した忌明けに行うものでした。遺族は、故人の生まれ変わる世界が定まるとされる四十九日まで喪に服し、肉や魚などなまぐさ物を断って、精進料理で過ごすのが習わしです。その後、忌明けとともに通常の食事に戻るのですが、その最初の食事が「精進落とし」です。「お斎(おとき)」「精進上げ」ともいいます。

 しかし現在では、僧侶や世話役など、葬儀で世話になった人達を感謝の気持ちでもてなすために、喪家側が設ける会食の席という意味で営まれるようになっています。この場合、精進落としの宴は還骨法要のあとに行います。

 精進落としの宴では、僧侶、世話役の人達に上座についてもらい、友人、知人がそれに続きます。喪主、遺族は末席に着きます。以下に精進落としの席次の例を示します。


葬儀アドバイス☆葬儀 葬式のマナー常識から葬儀香典の相場など
スポンサーサイト

テーマ:エッチ - ジャンル:結婚・家庭生活

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://abcvalue.blog70.fc2.com/tb.php/33-e1ef63aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
SEO|SEO対策 SEO対策でアクセスアップ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。